<< 「門倉美咲巡査 27歳」&「伊崎基子巡査 25歳」。 | main | 久々の「週刊プロレス」と、たまの「NHKステラ」。 >>

山田いずみ&伊藤有希。

JUGEMテーマ:スポーツ

 P1010041.jpg

1月10日の北海道新聞・朝刊のスポーツ欄からの紹介です。


「伊藤(下川中2年)初優勝」

STV杯レディースジャンプ大会(9日・札幌宮の森=HS100叩■謀寸坑悪叩

世界選手権(2月18日開幕、チェコ)の最終選考会を兼ねて行われ、下川中2年の伊藤有希が94.5叩■坑魁ィ記辰硲謀星曚┐鬘暇椶修蹐─■横苅粥ィ暗世能虱ゾ,鮠った。2位に山田いずみ(神戸クリニック)、3位に竹田歩佳(北翔大)が入った。

世界選手権代表は今月下旬に男子と一緒に発表される予定。


で、続いて、その日の北海道新聞・夕刊には以下のような記事がありました。


「世界選手権代表 伊藤ら4人に内定  ジャンプ女子」

世界選手権(2月18日−3月1日・リベレツ=チェコ)で初めて正式競技として採用されるジャンプ女子の代表に、14歳の伊藤有希(下川中)ら4人が内定したことが9日分かった。同日、全日本スキー連盟の強化コーチらが選考した。

残りは山田いずみ、渡瀬あゆみ(ともに神戸クリニック)と竹田歩佳(北翔大)。


草分け的な存在として、女子ジャンプ界をずっと牽引してきた、いまやすっかりベテランの山田いずみと、2季前に史上最年少で国際大会の表彰台に立った「スーパー中学生」の伊藤有希。

下川で育った伊藤は、下川町出身の多くの男子選手や、女子ジャンプの先輩・山田いずみ達の姿を見ながら、着実に実力をつけてきたようです。

山田いずみ選手がずっと第一線で頑張ってくれていることと、伊藤有希選手が飛躍的な成長を遂げてくれたこと。

その結果として、正式競技として初めて採用される今度の世界選手権に、幅広い世代から最強のメンバーで臨めるのではないでしょうか。

選ばれた各選手の活躍を確信しながら応援したいと思います。


そういえば、昨年の1月にも、もう一つのブログ<Part.2>の方で、伊藤有希選手や女子ジャンプ界のことについて書き込んでいます。

よろしければご覧ください。

こちらをどうぞ! →  「女子ジャンプの新星とタイガーマスク」


スポンサーサイト

  • 2017.11.19 Sunday
  • -
  • 23:52
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 『芦別文芸 癸械掘戞憤科魅撻鵐ラブ)。
    ebigoo (02/22)
  • いまの網走。
    ドクター (08/17)
  • いまの網走。
    あにた (08/13)
  • 『いとみち』(越谷オサム/新潮社)に惹かれ、青森へ。<読書メーター>
    藍色 (07/30)
  • 芦別・商工まつり。
    ユキ (08/25)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    mitamon (07/26)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    nemuro (07/23)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    mitamon (07/22)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    コウキ (06/11)
  • 『Coffee Blues(コーヒーブルース)』(小路幸也)。
    ノト (04/15)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM