吉岡聖恵のオ〜ルナイトニッポン!

JUGEMテーマ:日記・一般

ふぅ〜う。

今週も、なかなかハードだったけど、
なんとか週末だなぁ。

昨夜、帰宅後、そんなことを思いつつ、二人掛けのソファに横になったところ、例によってうたた寝です。

目覚めると、深夜2時過ぎ。

今や、とっくに死語とも言えますが、典型的な“ながら族”である私は、それからラジオを聴きながらの入浴です。

すると、あのいきものがかりの吉岡聖恵さんのオールナイトニッポンをやってました。

ふむふむ。

やっぱりラジオって、みんな伸び伸びしてていいなぁ。

改めてそう感じた次第です。

そんな、「吉岡聖恵のオールナイトニッポン」もそろそろ終了の時間です。

ですので、改めて、今度こそ布団に入ってしっかり寝ます。

「鬼束ちひろ」と「絢香」。

JUGEMテーマ:日記・一般


 二人掛けのソファで横になりながら
 夜10時頃から
 いつの間にやら“うたた寝”をしてしまい
 目覚めたら朝の3時頃。
 
 微妙な時間だなぁ。
 とは思いつつ、
 とりあえず布団に入ってみる。

 そんなパターンを
 先週は3度ほど繰り返してしまった。

 当然のこととして
 これでは十分な睡眠は取れない。

 しかも
 そのまま黙って眠ればいいものを
 例によって
 ラジオをつけたまま眠る。

 結局のところ
 布団に入っていただけで
 しっかりと
 アンコーの
 「オールナイトニッポン エバーグリーン」を最後まで
 つまり
 午前5時まで聴いてしまった。

 そうかぁ。

 午前4時には
 「一部の地域の皆さんとはここでお別れです」
 となり、
 午前4時半には、何と
 「ニッポン放送をお聴きの皆さんとは
 ここでお別れです」とのこと。

 ニッポン放送で制作しているはずの番組が
 最後まで聴けず、
 STVラジオでは最後まで聴くことができる。

 なかなか面白いものである。

 ところで、
 その「エバーグリーン」で
 女性ボーカルのある曲を聴きながら、
 「ふむふむ。そういえば最近、鬼束ちひろって
 あまり見ないし、聴かないなぁ」
 などと思っていたところ、
 曲の終了後
 「絢香でアイ・ビリーヴ」と紹介されていた。

 二人の曲や歌は似ているのだろうか?

 まあ、
 単に私が寝ぼけていたから聴き間違えたのだろうが、
 なんにせよ
 じっくり、
 そして伸び伸びとした感じの歌は、
 聴いていても気持ちがいい。

 そういえば絢香の歌について
 「絢香は、歌は上手いけど
 歌詞(言葉)がはっきり聴こえない(言えていない)」
 みたいなことを
 斎藤安弘が言っていたような・・。


 そんな
 先週の“うたた寝”と
 曖昧な記憶について
 なぜか
 2月19日の火曜日の朝から投稿してみた次第である。

 

「オールナイトニッポン」、そして「パンプキン・パイとシナモン・ティー」。

  
 昔からラジオの深夜放送が好きで、
 中学生の頃には、
 夜更かしをしながら「オールナイトニッポン」
 などをよく聴いていたものである。

 今でも時おり聴いてはいるが、
 さすがに時間帯として
 翌日(現実には当日ということになるのだが)
 の仕事にも差しつかえるし、
 そのまま起きているわけにはいかない。

 で、
 きょうのように
 うっかりうたた寝をしてしまった時などに
 「いまさら布団に入って眠るのもどうだろう?」
 などと思いつつ、
 何となく聴くことになる。

 深夜3時からは
 あの懐かしのアンコーこと、斎藤安弘さんが
 「オールナイトニッポン」の2部で
 「エバーグリーン」という番組をやっている。

 1950年代〜1980年代の曲をかけていて、
 なかなか楽しい。

 先日も、たまたま聴いた
 「パンプキン・パイとシナモン・ティー」という
 さだまさしの曲が
 妙に新鮮で、その後も頭の中にメロディーが残った。

 1979年の曲で、
 あの「あみん」のグループ名の
 由来でもあるらしいのだが、
 私的には、
 まったくはじめて聴いたような気がする。

 気になって、
 さっそくネットで検索してみたところ、
 「音楽館」として運営しているものや
 個人のブログなど、いくつかヒットして、
 それなりに有名な曲であるらしかった。

 ところで、
 私は「オールナイトニッポン」を
 STVラジオで聴いていて、
 朝5時までの2時間にわたって放送されている。

 いつからなのかは分からないが、
 どうやら本家のニッポン放送の方は
 4時半で番組は終了してしまうらしい。

 各放送局ごとの番組編成上の問題とは思うが、
 なんとなく面白い。

 そういえば、2、3日前の
 STVラジオの「オハヨー!ほっかいどう」
 渋谷愛美さんが
 千葉県かどこか
 本州からのリクエストを紹介したのに対して、
 巻山晃さんが
 「冬になるとラジオが遠くまで聞こえるので
 本州の方からのリクエストも多くなる」
 というようなことを言っていた。

 たしかに、季節によっては
 本州の放送が直接聞こえてくることもある。

 ラジオの電波もなかなか素敵に面白い。

 そして、「エバーグリーン」の放送が終わり、
 次の5時からの番組が開始されると
 世の中が「深夜から早朝へ」と
 切り替わっていくような気がする。

 さて、
 こんな時間帯に
 こんな感じでパソコンに向かっているが、
 はたして
 きょう一日大丈夫だろうか?

 という気がしないでもない。

 まあ、
 うっかりうたた寝をしてしまい、
 うっかり目覚めてしまったのだから
 これはやむを得まい。

 と、
 とりあえず、自分を納得させているのだが・・。

 


 

夜型人間→早寝早起きへ。生活パターンの改善を目論む。

 私にしては珍しいことだが、
 ここのところ仕事が忙しく、
 連日帰宅時間が遅い。
 
 そのためか、
 日頃の生活パターンも崩れ気味で、
 十分な睡眠がとれていない。

 寝られないわけではないが、
 寝たような寝てないような感じで、
 朝起きても、なんだかスッキリしない。

 まあ、そんな感じである。

 例によって、ソファでうたた寝をしていて、
 1時頃に目覚め、それから床に就いた。

 たしかラジオでは、ナインティナインの
 「オールナイトニッポン」をやっていて、
 二人で、矢部浩之の破局記者会見での
 各局芸能レポーターのことなどを話していた。

 そのまま熟睡するはずだったが、
 気が付けば番組はいつの間にか
 斉藤安弘の「エバーグリーン」に変わっていた。

 番組に聴き入っていたわけではないが、
 どうやらしっかりと寝ていなかったことは間違いないようだ。

 そうかぁ、番組はきょうで777回目なのかぁ。
 
 浜田省吾の「もう一つの土曜日」や
 ジプシー・キングスの「インスピレーション」など。
 次々に流れてくるリクエスト曲を聴きながら、

 唐突に起きた。

 だめだ、もう眠れない。
 というより、世の中はまもなく朝である。
 
 我が家の同居人
 スズメ一家のさえずりも聞こえ、
 外もすっかり明るいようだ。

 で、じゃあいっそのこと
 というわけで
 開き直って(?)パソコンに向かってみた次第である。

 この際、コーヒーまで入れてみた。

 そういえば、
 オホーツクサイクリングの本番も近いし、
 少しくらいは自転車に乗っておかなければならない。

 それには、早朝が最適である。
 明日にでも、
 オーバーホールのため預けてきた自転車を受け取ってこよう。

 なんとか、
 今の寝たんだか寝てないんだか分からない状態を改め、
 早寝早起きの生活パターンに変えてみようか。

 などと、もっとも苦手で
 できそうにないことを思ってみたりしている。
 
 まあ、
 気分だけでもスッキリ目覚めてことにしようと
 半ば強引に、朝の番組に耳を傾けつつ、
 朝刊の到着を待ってみたりしている。
 
 ヨシ!
 まさに、今。朝刊が届いたようである。


STVラジオ「巻山晃のオハヨー!ほっかいどう」がいい。

 正確なタイトルは覚えていないが
 どこかの大学の先生が書いた「ラジオは脳にきく」
 といったような本を書店で見かけた。

 たしか、本の帯には、 
 ラジオや読書は、想像力を養い脳を活性化するが、
 視覚に頼るテレビ、パソコン、ゲームなどは脳を萎縮させる
 みたいなことも書いてあった。

 ただし、
 ザッと見ただけなので、真偽のほどは極めて怪しい。

 まあ、専門的なことは分からないが、
 日頃からテレビにはないラジオの良さ
 みたいなものは感じていたので、
 何となく分かるような気がした。

 テレビに比べると
 アナウンサーやDJなど話す側もリラックスした感じだし、
 聴く側もマンツーマンで話しかけられているような
 気軽さがある。


 そういえば、
 先日、「日ハム−阪神」戦を観にいったとき、
 札幌ドームの近くで何かが配られていたので
 受け取ってみると、
 「STVラジオ<一週間>保存版」のリーフレットだった。

 そのまま持ち帰ったが、いま改めて広げてみると
 各番組のキャスターの写真なども載っていて、なかなか楽しい。

 一週間の番組表を見てみると、
 意外にもほとんどがお馴染みの番組だった。

 特に「巻山晃のオハヨー!ほっかいどう」には、
 大変お世話になっていて、
 毎朝、番組とともに目覚め、
 しばらく布団の中で聴いた後、
 適当な頃合で起きている。

 この番組を聴いて20年近くになるが、
 巻山さんに鍛えられ、一人前に育っていったアナウンサーが
 数知れないのではないだろうか。

 特に入社間もない新人アナウンサーが
 いろいろと注意される様子は、
 聴いている自分が叱られているような気もしてきて、
 大変勉強にもなっていた。

 そして、確実に成長していく様子に、
 なぜだか「自分ももっとしっかりしなければ」
 という気持ちにさせられたものである。
 
 現在の奈良愛美アナとは、なかなか絶妙の掛け合いで、
 聴いていて、楽しく、また心地よい。

 そうか、奈良さんって、
 いろんな番組で声は聞き慣れていたが、
 顔は知らなかったんだ。

 それなのに、いつの間にかイメージはできていて、
 知っているような感じで聴いているのだから
 不思議だ。

 金曜と土曜日の宮永真幸アナと宮田愛子アナも、
 聴いていて楽しく、元気に週末が実感できて、いい。
 
 深夜放送も好きで、
 「オールナイトニッポン」あたりを聴きながら
 眠りに就くことも多いが、
 テレビのときに比べてずっと気楽に、
 より本音に近い感じで話していて、
 とても身近に感じることができる。
 


いつもラジオを聴きながら。

 <私は結構、ラジオ好き>

 すでに死語なのかもしれないが、
 私は典型的「ながら族」なのではないかと思う。

 風呂に入いるときには
 いつもラジオを持ち込むし、
 寝るときにも、枕元にはラジオがあって、
 聴きながら眠る。

 考えててみると、
 単にラジオが好きながけなのかもしれないし、
 寂しがり屋なだけなのかもしれないが。

 そんな私も、近頃、
 読書の時にはテレビを消すことが多くなり、
 その結果、ソファアでそのまま寝てしまう。

 気がつけば3時、4時。
 何てこともざらで、
 『オールナイトニッポン・エバーグリーン』(STV
 ラジオ)を聴きながら、再び、
 布団での本格的睡眠へと移行する。

 そして、朝は『巻山晃のオハヨー!ほっかいどう』
 とともに目覚めることとなる。



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 『芦別文芸 癸械掘戞憤科魅撻鵐ラブ)。
    ebigoo (02/22)
  • いまの網走。
    ドクター (08/17)
  • いまの網走。
    あにた (08/13)
  • 『いとみち』(越谷オサム/新潮社)に惹かれ、青森へ。<読書メーター>
    藍色 (07/30)
  • 芦別・商工まつり。
    ユキ (08/25)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    mitamon (07/26)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    nemuro (07/23)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    mitamon (07/22)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    コウキ (06/11)
  • 『Coffee Blues(コーヒーブルース)』(小路幸也)。
    ノト (04/15)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM