『卒業制作』&『SHISHAMO』(SHISHAMO)。

JUGEMテーマ:音楽

先日、STVラジオの「オハヨー!ほっかいどう」で、来年期待されるグループとして「チェコ・ノー・リパブリック」が紹介されていて、You Tubeで彼らの曲を何曲か聴いていたところ、川崎出身の3人組みガールズバンドの「SHISHAMO」を発見。

で、北見の「コーチャンフォー北見店」に行ったとき、CDコーナーを覗いてみたら、しっかりと置かれていましたので、即購入。個人的には『SHISHAMO』の方が気に入ってますが、どちらもなかなかストレートな表現が、いいです。
 



  愨感叛作』(SHISHAMO)
以下の8曲を収録。
「宿題が終わらない」
「お菓子作り」
「君に告白した理由」
「夢のはなし」
「絆創膏」
「熱冷まシート」
「冬の唄」
「第3ボタン」


◆ 悖咤硲稗咤硲腺唯蓮戞複咤硲稗咤硲腺唯蓮
以下の11曲を収録。
「僕に彼女ができたんだ」
「行きたくない」
「あの子のバラード」
「こんな僕にそんな君」
「休日」
「がたんごとん」
「深夜のラジオ」
「バンドマン」
「サブギターの歌」
「君との事」
「恋する」



 

『STAY 〜夜明けのSoul〜』(GARNET CROW)。

JUGEMテーマ:音楽

2009110308510000.jpg


さて、11月1日の日曜日、函館の老舗デパート「棒二森屋」(ちょうど「創業140周年 全館大創業祭」の期間中でした)での買い物(といっても、買ったのはYシャツ2枚だけでしたが)を終え、アネックス5Fの「くまざわ書店」にて約1時間。

6冊の本を購入し、「さて、久々に『大門横丁』でも覗いてみようか」とも思ったのですが、お隣の「銀座山野楽器函館店」の横を通りながら、「そういえば、たしかガーネットクロウのアルバムが発売されたはず」ということで。

で、ザッとJポップやジャズのコーナーも眺めてはみたのですが、結局は、当初の予定通り、ピンポイントで1枚のみの購入です。


『STAY 〜夜明けのSoul〜』(GARNET CROW)


シングル「夢のひとつ」「百年の孤独」「Doing all right」「花は咲いて ただ揺れて 〜album ver.〜」をはじめ、“切なくも幸せな気分”にさせる12曲を収録した充実作!!

とのこと。 

2009110308510001.jpg 


では、さっそくガーネットクロウをBGMに読書でも・・・。

それとも、せっかくの休日でもあり、まずはオモテに出掛けてみましょうか。


上原ひろみ。

JUGEMテーマ:音楽

P1010287.jpg

さて、5月6日の函館新聞「芸能NOTE」欄からの紹介です。

ですが、紙面を見ると「記事・写真 読売新聞社提供」とあります。

まあ、地方紙の場合、中央紙から提供を受けたり、「共同デスク版」のような形は避けられないのでしょう。 


「スタンリー・クラークのトリオに参加  上原ひろみ」


人気ピアニストの上原ひろみが、スタンリー・クラーク率いるトリオに参加して録音した「ジャズ・イン・ザ・ガーデン」が発売されている。上原にとって初めて、「リーダーを支える立場」で弾いたアルバムで、「見せたことのない自分が出ているのが面白いかな」と語る。

クラークは1970年代、チック・コリアらと共に、フュージョンバンド「リターン・トゥ・フォーエヴァー」で活動したベース奏者。その新トリオのピアニストに、上原が抜てきされた。

収録曲は、デューク・エリントン、マイルス・デイビスといった巨匠のスタンダードなど13曲。録音は2日。ほとんどの曲を1、2回で収録したという。

「転がるように、音楽ができていく。スタンリーのベースとドラムのレニー・ホワイトにはあうんの呼吸があって、ずっと気持ちのいいリズムが流れている。その上でピアノを弾くのは極上の幸せでした」

「ジャズ以外の曲を演奏したい」というクラークに、日本の歌曲「さくらさくら」や、米国のロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの「アンダー・ザ・ブリッジ」を提案したのは上原だったという。

昨年発売したアルバムが、ジャズとしては異例のオリコン10位にランクイン。デビュー以来の快進撃は、今回のトリオへの参加でさらに箔が付いたが、「自分はまだ若造。経験とキャリアがない」と謙虚だ。


リターン・トゥ・フォーエヴァーはかつてよく聴きましたし、上原ひろみも好きなピアニストです。

この記事を読んだだけで、とても聴きたくなりました。

GARNET CROWが聴きたくて。

JUGEMテーマ:音楽

P1010207.jpg

仕事帰りの夜8時近くに、「はたして営業時間は何時までだろうか?」とも思いつつ、とりあえず遠回りをして寄ってみたテーオーデパート。

入口で「営業は夜9時まで」と知ってからは、残りの1時間余り、ゆっくりと買い物です。

とはいっても、最初に靴下や下着類を買ってからは、ほとんどを書店で過ごしたわけですけれど。

4階の文教堂書店で文庫本4冊と雑誌を1冊を買い、レジカウンターで代金を支払っている時に、隣がCDショップだったことに気が付き、引き続き、足を運んでみました。

で、先日、帰宅してテレビをつけたところ、たまたま「名探偵コナン」をやっていて、エンディングの曲がガーネットクロウだったことを思い出したのです。

置かれていたガーネットクロウのCDは2枚で、そのうちの『THE TWILIGHT VALLY』は購入済みですので、残りの1枚を買いました。

『涙のイエスタデー』

 涙のイエスタデー
 Go For It
 一番素敵だった日
 涙のイエスタデー(instrumental)

「ガーネット クロウ通算100曲目の今作は、切なさ弾けるサマーチューン!」とのことで、裏面には「ガーネット クロウ 祝・7周年 通算100曲おめでとう!」と書いた名探偵コナンのポストカードが付いていました。

P1010208.jpg 


ついでに「いきものがかり」のコーナーも覗いてみましたが、思えば『My song Your song』を含めて、ほとんどのCDを持っていますので、DVD・『とってもええぞう』を買ってきました。

まだ開封さえしていませんが、「デビューシングル『SAKURA』から12thシングル『気まぐれロマンチック』のMUSIC VIDEOをたっぷりと収録した、初の映像〔=えいぞう〕作品集!!」とのことです。

引越し荷物の段ボール箱からCDコンポを出し、私なりの“音楽鑑賞”の環境が整いました。

さて、現在、雨のマツダスタジアムで行われている「広島×阪神」戦は、3回オモテを終わって、我が阪神が5−0と大きくリードです。

コイシテイルカ。

P1010172.jpg

7日の北海道新聞・夕刊「芸能」欄から記事の一部を紹介します。


「『みんなのうた』から新たなヒット?!

この春、NHK「みんなのうた」から、新たなヒットソングが生まれそうな予感が・・。「コイシテイルカ」。さかなクンが歌うラブソングだ。

歌詞は主人公の「コイシテイルカくん」が、あこがれの「ユメミテイルカちゃん」にアピールしようと苦手なジャンプを猛特訓するも、彼女は人間のお兄さんに恋をしていた―という、ちょっと切ない内容だ。

近年ヒットした「おしりかじり虫」のようなパンチはないが、さかなクンの脱力キャラと重なって、聞いているとじんわりと温かい気持ちになってくる。


完成披露の記者会見では、コーラスの「小ざかな合唱団」とともにかわいい歌声を披露した。

とのことですが、記事からは、案外、メッセージ性のある曲のような印象を受けました。

たしかに、なんだかヒットの予感、ではあります。

『My song Your song』(いきものがかり)。

JUGEMテーマ:音楽

P1010018.jpg

新年あけましておめでとうございます。

つたないブログではございますが、今年もよろしくお願いいたします。


と、新年のご挨拶も早々に、またまた購入本、そして同じく購入CDの記録です。

きのう、ですが昨年。12月31日、「リラィアブルブックス根室店」での購入本2冊とCD1枚。


  愍辰┐訌軅古隋覆修Δ擦い犬沺法〔消議緻歓綫胸嶇沙件ノート』(はやみねかおる/講談社文庫)
◆ 惴現の踊り子』(町田康/講談社文庫)


,蓮◆嵜佑盪海盍曚眦腓泙任發消えた!本格ミステリ色が一段と濃い『夢水』第3章!」とのこと。

「夢水」シリーズ第1章の『そして五人がいなくなる』を先日読了し、第2章の『亡霊(ゴースト)は夜歩く』は近々に読み始める予定です。

△蓮△箸蠅△┐最磴ぢ靴┿呂瓩芯田康の本です。「きっと面白いはず」と思えば、自分の勘を信じ込み、「おそらくハズレはないはず」と決め付け、読む前にどんどん買い揃えてしまう。それが私のパターンではあります。

「著者初の短編集」とのことで、以下の6編が収録されていますが、いずれも、タイトルから内容を予測することは困難なようです。

 「鶴の壺」
 「矢細君のストーン」
 「工夫の減さん」
 「権現の踊り子」
 「ふくみ笑い」
 「逆水戸」


続きまして、同店の「サウンドコーナー」で購入したCDです。

P1010019.jpg

 『My song Your song』(いきものがかり)


「いきものがかり」は、もう半年以上前でしょうか、偶然NHKのBSでの特集みたいな番組を見て、「運良くヒットしたということじゃなく、もう10年近く、同じメンバーで活動してきた結果としての現在がある」ことを知ってからのファンです。

“か細い”イメージのボーカルも、実はしっかり聴こえてきますし、グループとしてのまとまりの良さ、仲の良さも伝わってきて、好感が持てます。

『桜咲く物語』、『ライフアルバム』に次いで、3枚目の購入。一度気に入れば買い続けます。


さて、それでは、年末をバタバタと過ごしてしまい、まだほんの数枚しか書き終えていない年賀状に、再び、しっかりと向き合おうと思います。

もちろん、世の中はすでに元旦。ではありますけれど・・。



注目CDは『ブタベスト』(たむらぱん)。

JUGEMテーマ:音楽


 自称“活字中毒者”の私は、
 とにかく本が好きで、
 ミステリを中心に、
 頻繁に書店で買ったり、
 図書館で借りたり。

 ですが、
 そのわりには、
 あまり読む方が追いついておらず、
 読書率は極めて低いのです。

 そんな私の
 世の中の“流行りすたれ”に関しての
 貴重な情報源が
 時折おじゃまするブログであったり、
 毎月の定期購読誌であったりします。


 まず、
 『ダ・ヴィンチ』ですが、
 「新しくなった本とコミックの情報マガジン」
 とのことで、
 本に関する情報収集を目的に、
 かなり以前から購読しています。

 一方、
 『日経エンタテインメント』は、
 テレビ、映画、音楽など
 かなり“守備範囲”が広く、
 はじめは面白そうな号だけ買っていましたが、
 いつの間にか、それがほぼ毎月となって、
 現在に至っています。

 
 すでに7月号も購入済みの「ダ・ヴィンチ」ですが、
 「そういえば6月号を読んでないゾ」
 と気が付き、
 遅ればせながら
 パラパラと眺めてみました。

 で、
 「ミュージック ダ・ヴィンチ」のページの
 「NEW RELEASE」で
 「おやっ!?」と思いました。

 紹介されている8枚のCDのうち
 3枚を購入しています。


 ○ 『ブタベスト』 (たむらぱん)

   マイペースで通算40万ストリーミング
   を達成。秘かに話題を集めていた女性ア
   ーチストがついにデビュー! ちょっぴ
   り人を食ったジャケット&タイトルその
   ままの、ポップなのに微妙にネジれた世
   界観と歌詞。そしてユニークな音楽性が
   光ります。

 ○ 『GAME』(Perfume)

   ついにブレイクを果たした3人組アイド
   ルユニット、待望の2ndアルバム。
   “NHK環境・リサイクルキャンペーン
   ソング”に選ばれた「ポリズム」を始め、
   どこを切ってもポップ&キャッチー!
   ブリッブリのエレクトロサウンドにヤラ
   レちゃいます。

 ○ 『Superfly』(Superfly)

   圧倒的にソウルフルで、滾るようにロッ
   ク! 60〜70年代の洋楽をベースに
   した楽曲群と、ジャニス・ジョップリン
   を想起させる歌声で話題沸騰のSuperfly、 
   待望の1stアルバムが到着。ときにハ
   ード、ときにブルージーなド直球の“ロ
   ック”アルバム。


 たまたまラジオで聴いて
 とか、
 テレビのトーク番組を見て
 とか、
 ある人のブログで知って
 だったり。

 興味を持ったきっかけは区々ですが、
 日頃から流行に疎い私にしては
 珍しく話題のCDを買っていたようです。

 まあ、
 たまにはこんなこともあります。

 どのCDも
 読書中のBGMやドライブのときなど、
 結構よく聴いていて、
 それぞれに若い才能と
 素敵な感性を実感しています。
 

チャットモンチーのこと。

JUGEMテーマ:音楽


 自称“活字中毒者”である私は、
 毎月の定期購読誌も本に関するものが多い。

 『ダ・ヴィンチ』
 『本の雑誌』
 『ハヤカワミステリマガジン』。

 その中で『日経エンタテインメント!』は
 少し異質な存在で、
 とても“守備範囲”が広く、
 まさにその名に恥じない雑誌である。

 日頃、
 何事にも無頓着で
 流行には無縁の私にとっては、
 世の中の流行りすたれを知るための、
 貴重な情報源ともいえるかもしれない。

 で、
 6月号の「特集」の一つが
 「音楽シーンの最新動向を知る70枚」で
 その中に
 近頃よく聴いている
 チャットモンチーに関する記述があったので、
 紹介してみたい。


 「ライブ 動員数増が次世代トップの証し!」


 「チャットが女性最速武道館」

 デビューからわずか2年4カ月で日本武道館
 2DAYSを決めたのは。元スーパーカーの
 いしわたり淳治がプロデュースするチャット
 モンチー。

 プリンセス・プリンセスの記録を抜いてガー
 ルズバンドの史上最短記録を更新した彼女た
 ちは、ライブもレコーディングもすべて3人
 だけで行うという実力派ライブバンドである。


 と紹介されていた。

 チャットモンチーは
 「ダ・ヴィンチ」の「音楽」欄か何かで知って、
 なんとなく興味を惹かれたので、
 さっそくCDを買って、何度か聴いてはみたものの
 これといった印象もないまま
 その後は聴くこともなかった。
 
 それが、今年に入ってから
 再放送だと思うが、
 たまたまNHK教育テレビの
 「トップランナー」に出演していたのを見て、
 印象が一変した。

 ごく普通の女の子たちが
 自分たちの夢を追い続けている姿が
 素直に伝わってきた。

 で、
 番組終了後、
 「そういえば、たしかCDがあったはず」
 と、改めて聴き直してみると、
 今までとはまったく違って聴こえてきた。

 橋本絵莉子
 福岡晃子
 高橋久美子

 四国出身の彼女たち一人一人の思いや
 バンドの生い立ちを知ることで、
 それぞれの曲も
 ずいぶんと身近に感じることができたから、
 なのかもしれない。
  
 ボーカルで作曲を担当している橋本が
 高校生の頃にライブを見て、
 「そうか、3人でもバンドってできるんだ!」
 と思ってメンバーを集めたそうだ。

 「すべて3人でやる」スタイルは
 結成時から変わらぬものらしい。

 何とも好感の持てるガールズバンドなのである。
  
 

『iris〜しあわせの箱〜』(salyu)と『ハロー・ハロー』(Superfly)。

JUGEMテーマ:音楽


 ここのところ
 年末年始の休みがあったせいで
 余計にそうなのかもしれないが、
 時間の感覚がどんどん曖昧になっている。
 そんな気がしないでもない。

 とりわけ、
 週末ともなれば、
 「あすは休みなんだし」
 との思いも脳裏を掠めるので尚更である。

 で、
 結果的には、
 そのまま貴重な休みであるはずの翌日、
 少なくとも午前中を棒に振ってしまうようなこともある。

 まあ、
 そんなこともある。

 さて、
 ごく稀にではあるが、
 CDを買うこともある。

 そして、
 買った直後には繰り返し何度か聴いてみるが、
 その後については
 意外に聴くことは少ない。

 自宅にいると
 どうしてもテレビを見たり本を読んだり
 ということが主な過ごし方になってしまうようだ。

 結局、
 週末など、車でのたまの遠出の時に
 何枚かを持ち込んで
 一気に聴くこととなる。

 先日は、
 1泊2日の行程で故里へ帰ったが、
 往復の約7時間の
 大半がラジオも入りづらい山間部のため
 以下の7枚を車に載せて聴いてみた。

   悖達錚遑罍蕋筍紕遑磽紂戞複硲戞
 ◆ 悖蕋鬘蕋鵝舛靴△錣擦糧◆繊戞複鵤瓧譯u)
  『OH MY DARLIN’〜Girls having
    Fun〜』(中ノ森BAND)
 ぁ 悒魯蹇次Ε魯蹇次戞複咤perfly)
 ァ 悖 spy i spy』(Superfly×JET)
 Α 惻鳴り』(CHATMONCHY)
 А 悗靴△錣擦糧△魍くカギ』(植村花菜)

 それぞれ、
 他の人のブログに貼ってある「YOU TUBE」で聴いて
 それをきっかけに購入してみたり、
 映画のエンディングで聴いて興味を持ったり、
 といった感じで
 比較的最近になって
 CDを購入し聴き始めたものばかりだが、
 改めてピックアップしてみると
 女性の曲ばかりが並んでいたようだ。

 出発間際になってから
 適当に抜いて持って行ったつもりだが、
 自分なりの
 ドライブに適した選曲ということなのかもしれない。
  
 どちらかといえば、
 CDはシングルよりはアルバムを買う傾向にあり、
 何度か聴いてみて耳に馴染んでくると
 次はランダムで聴く。

 ,任蓮孱裡腺蓮廖
 △任蓮孱蕋鬘蕋鵝舛靴△錣擦糧◆繊廖
 〜イ任蓮△修譴召譽織ぅ肇覿福
 Г任蓮屬笋気靴気吠颪泙譴燭覆蕁廚良かった。
 Δ砲弔い討脇団蠅龍覆六廚い弔ない。
 
 まあ、ここのところ
 サリュの曲と声が特に気に入って
 何度となく聴いている。

 △鉢Г砲蓮
 「しあわせの箱」という
 共通のタイトルもあったようだが、
 そんな偶然も時としてあるらしい。

 音楽に関しては
 これといったこだわりもないが、
 何かをきっかけとして
 新たな歌手やグループの曲を知ることは
 なかなかの楽しみであり、
 その中に気に入ったアーチストや曲が見つかることは
 尚のこと嬉しいものである。

 
 

「NAO」(HY)を聴いて「さようなら」(N.S.P)を思い出した。

 
 きのう、書店に立ち寄ったとき、
 ある人のブログで知ったHYのことを思い出し、
 そのまま2階のCDコーナーへも足を運んだ。

 HY(エイチワイ)が男性4人、女性1人のミクスチャーバンド
 で、メンバー全員が沖縄県うるま市の出身であることや、2000年
 の結成以来、インディーズシーンで活躍していること。

 一応、インターネットで調べ、簡単な予備知識は得ていたが、
 まず、聴いてみないことには始まらない。

 ブログを通じて聴いた曲は「NAO」。

 『Confidence』というアルバムの中に
 「NAO」を見つけ、さっそく買ってみた。

 01.モノクロ
 02.ポーカーフェイス
 03.canvas
 04.あなたにキス
 05.I JUST DO IT FOR YOU
 06.4WD
 07.scene
 08.(Te to Te)
 09.森
 10.NAO 
 11.HY(ハート)SUMMER
 12.この物語

 天気も良く、そのままドライブを兼ねて
 車の中で全曲聴いてみた。

 結局、他の曲はあまり印象に残らず、
 「NAO」ばかりを繰り返し何度か聴いた。

 歌詞の最後にあるように
 「大きな片思い」の歌であるらしいが、
 ボーカルの仲宗根泉の独特の声も、
 バックのゴスペルも、
 聴けば聴くほど心に沁みてくる。

 初めて知ったグループの初めて聴いた曲だが、
 もしかすると、すでに
 コマーシャルやドラマの挿入歌か何かで
 流れていたりしたのかもしれない。

 そして、
 この歌の背景のようなものが知りたいような。 

 ふと、そんなことを思ってみたりした。

 また、なぜか、
 かつて少し流行った
 N.S.P(ニュー・サディスティック・ピンク)の
 「さようなら」を思い出してみたりもした。



 
 

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 『芦別文芸 癸械掘戞憤科魅撻鵐ラブ)。
    ebigoo (02/22)
  • いまの網走。
    ドクター (08/17)
  • いまの網走。
    あにた (08/13)
  • 『いとみち』(越谷オサム/新潮社)に惹かれ、青森へ。<読書メーター>
    藍色 (07/30)
  • 芦別・商工まつり。
    ユキ (08/25)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    mitamon (07/26)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    nemuro (07/23)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    mitamon (07/22)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    コウキ (06/11)
  • 『Coffee Blues(コーヒーブルース)』(小路幸也)。
    ノト (04/15)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM