ダイヤグラム、のようなもの。

網走発8時06分の「特急大雪2号」に乗車中。

きのう、「特急大雪1号」に乗車した時にも感じたことだが、3号車がグリーン席と指定席に2分割されおり、おそらく、車両は「特急オホーツク」と同じ。

では、この3月のダイ改正での「札幌〜網走」間の列車運行の変更などを考えてみることに。

4往復していた「特急オホーツク」を2往復に減らして、その他に「旭川〜網走」間に「特急大雪」を2往復させ、「旭川〜札幌」間は「特急ライラック」に接続させるとの変更。

車内誌に主な時刻表が掲載されていたので、手帳に簡単なダイヤグラムのようなものを書き出してみた。







「特急オホーツク」も「特急大雪」も4両編成で、1号車と2号車の一部が自由席で、その他が指定席との配置も変わらないので、車両は共用されているようだ。

札幌を6時56分に発車する「特急オホーツク1号」は12時18分に網走到着。12時35分には「特急大雪4号」として旭川に向かい、16時19分に旭川到着。17時05分に「特急大雪3号」として網走に向かい、20時49分に網走に到着し、車庫へ。

網走を5時56分に発車する「特急オホーツク2号」は11時18分に札幌到着。ゆっくり休んでから17時30分には「特急オホーツク3号」として網走に向かい、23時00分に網走に戻って、車庫へ。

現在、私が乗車中の網走発8時06分の「特急大雪2号」は11時50に旭川に到着し、12時41分には「特急大雪1号」として網走に向かい、16時35分に網走到着。さらに、17時25には「特急オホーツク4号」として札幌に向かい22時53分に札幌に到着し、車庫へ。

ということで、12両の車両を4両編成の3班体制で運行しているものと思われる。

夜、網走の車庫には2班(8両)が待機し、札幌の車庫には1班(8両)が待機。

さて、そんなことを考えながら楽しんでいるうちに、列車は最長区間の「丸瀬布〜上川」を走行中。旭川までは、あと1時間余り。



車窓の風景。

国道などの主要道路とJRの線路が、ほぼ並行して走っている箇所、区間は多い。

いま乗車しているJR富良野の場合、「富良野〜旭川」間の大半の区間が国道237号と並行している。

つい、2、3日前、国道237号にて「富良野〜旭川」間を往復したばかりだが、見えてくる風景が随分違っていて、驚く。

おそらくその主な要因は、山間部など、ルートが異なっているためと思われるが、運転に主力を注ぎハンドルを握っていることと、リラックスしてのんびり車窓の風景を眺めていることの気持ちの持ち方の違いにも起因しているのかもしれない。

どちらにせよ、その眺望が、列車からの車窓の風景に軍配が上がることはいうまでもない。

さて、まもなく旭川到着のようだ。


さて、どうしたものか。

長年、勤め人 を生業としてきた私にとって、平日の休暇ほど貴重なものはなかった。

自宅にいても外出していても、その貴重さは変わらない。

「今頃、職場のみんなは仕事だよなぁ」などと思いながら、少し申し訳ないような、思わずニヤついてしまうような。

特に、夏季休暇などの連続休暇は、すっかり仕事を忘れてリフレッシュ。まさに、スペシャル感この上なしである。

そして、迎えた現在。

晴れて、初めての長期連続休暇がスタートしてみると、「さて、どうしたものか」と戸惑うばかり。ちょっと情けない気がしないでもない。


草刈り・第3弾。

先週の土曜日の早朝から開始した、というか、今やすっかり長期的な取り組みの様相を呈している自宅(アパート)周辺の草刈り。

きのうの帰宅時には、ホームセンターに寄って「一般刃物用・両面砥石」(1,111円)を購入。

午前4時45分頃に目覚め、さっそく草刈り鎌を研いで、午前5時には草刈りを開始。オモテはすでに昼間のような暖かさでした。

本日の目標はアパートに隣接する小広場。改めて広場を見てみると、滑り台、ブランコ、鉄棒と砂場があります。

端にある鉄棒のあたりは、僅かに草が刈られていて使われた(遊んだ)のかもしれませんが、その他は全面に草が生い茂っていて、まったく立ち入った形跡もありません。

大人の背丈ほどの草さえあって、草たちの成長の早さには驚かされます。

きっと私の研ぎ方がヘタだったのでしょう(なにせ、刃物を研ぐのは初めてですので)が、2本の鎌の切れ味はさっぱり改善されず。

それでも、どうにか2時間後には「10メートル×15メートル」くらいの広場の草刈りを終了。

多少は見苦しさが解消され、個人的には運動不足も若干解消された気がします。ふぅ〜う。

せっかくですので、近所の子どもたちが遊んでくれると嬉しいのですが、さて。









ひとつ上の切れ味。

今朝も草刈りから一日が始まりました。

きのうのうちにホームセンターで「ひとつ上の切れ味」と書いた、いかにも切れそうな草刈り鎌を購入。

昨夜は、「ちょい呑み・かおり」にて、「今朝は、草刈り鎌が切れなくて、霧雨が降ってきたので中断したが、明日の朝は早起きしてがんばる」ことを宣言し、完璧に逃げ道をふさぎました。

目覚まし時計で起床し、午前5時40分には草刈り開始。実のところ、きのうの僅かな草刈りで、腕、腰、背中、膝など、節々が微妙に痛みますが、比較的順調に小一時間ほど。

アパート周辺と通路と、隣接する広場の道路側を終え、「よし。きょうはこれぐらいにしておくか」と小さくつぶやき、撤収です。

で、気が付いたことは、いくら新品の草刈り鎌でも、ある程度の量をこなせば切れ味も落ちるという至極当然のこと。

案外、切れ味よりも、時間とともに体力が低下してきたことの方が原因かもしれません。

まだ草を刈るべき場所が残っていますし、一度くらい刈っても、草はどんどん成長します。

ですので、次は、砥石を買おうかと考えています。

さて、天気は上々、オホーツクサイクリングの練習を兼ねて、どこかに出掛けなくては。





酒呑みの自己弁護。

気が付けば、自宅(アパート)周辺の草が随分と成長しました。

やはり、1階の住人として、このまま放置はマズイでしょう。

今朝は、休みにも関わらず、たまたまいつも以上に早く目覚めてしまい、「やるなら今!」とばかりに、早朝の草刈りへ。

たしか物置には、昨年、こちらのホームセンターで買った草刈り鎌があったはず。

むむむっ。

すっかり錆び付き、刃もガタガタです。そうです、作シーズンは、思いの外、酷使してしまったのでした。

自宅周辺の前に、まず通路。その後、アパート周辺に移りましたが、草刈り鎌がサッパリ切れず大苦戦。

う〜む。無駄に体力を消耗しているような、そんな気がしないでもありません。

いつの間にか、霧雨が降り始めてきました。

残念!

いったん草刈りを中断し、新しい草刈り鎌を買ってから再開するとしましょうか。

少なくとも、体感的な作業時間は1時間半。ですが、時計によれば45分。軽い運動にさえなっていません。


そういえば、週末になると、前夜に飲み過ぎたり、突然、帯広や釧路に出掛けたり。結局、オホーツクサイクリングに向けた練習も、たった一度、小清水原生花園を往復したのみ。

その距離僅かに20キロ。

こんないい加減なことでいいのか!

で、いやいやこれもありさと“ああ言えばこう言う”したたかな自分がいます。


土曜日のバス。

平日の出勤時と帰宅時。

それが、いつものバス利用のパターン。

んっ?!

何のため、私は1カ月ごとに定期券を購入しているのか。

唐突に飲みに誘われた土曜日の夕方。いざ、バスにて街へ。

まあ、それも悪くはなさそうだ。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 『芦別文芸 癸械掘戞憤科魅撻鵐ラブ)。
    ebigoo (02/22)
  • いまの網走。
    ドクター (08/17)
  • いまの網走。
    あにた (08/13)
  • 『いとみち』(越谷オサム/新潮社)に惹かれ、青森へ。<読書メーター>
    藍色 (07/30)
  • 芦別・商工まつり。
    ユキ (08/25)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    mitamon (07/26)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    nemuro (07/23)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    mitamon (07/22)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    コウキ (06/11)
  • 『Coffee Blues(コーヒーブルース)』(小路幸也)。
    ノト (04/15)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM