“まもなく春”の函館山。

JUGEMテーマ:日記・一般


ここのところ、あまりゆっくりと新聞を読んでいません。で、「もう少し気持ちに余裕が必要かも?」などと思っている次第です。

ということで、本日(3月6日)の函館新聞の1面と4面の記事からの紹介です。

2011030619040000.jpg

「きょう啓蟄 フキノトウ 春告げる」

6日は二十四節の一つ「啓蟄(けいちつ)」。気温が上昇し、冬ごもりをしていた虫が外に出てくるころとされる。

市内青柳町の斜面では5日、フキノトウが見られ、その周辺にある落ち葉では小さなクモが走り回り、暦を感じさせていた。

西部地区ではフクジュソウやヒメノオドリコソウ、ヤマネコノメソウも咲き始めている。


そういえば、1週間ほど前、大門の行きつけのスナックで、後から来た常連のお客さんから「宴会の残り物だけど」とのことで、手土産のフキノトウの天ぷらをもいただき、独特の苦味が何とも言えず美味しかったのですが、もしかして、あれも天然物だったのかもしれません。

2011030619040001.jpg

「函館山 まもなく春  ヤマネコノメソウなど芽吹く」

函館市は5日午後に積雪がゼロとなり、冬から春への彩りに変りつつある。

函館山も上部は雪が残るものの、日の当たる宮の森コースなどは通路や斜面の雪が無くなり、春の植物も姿を現している。

山が春を迎えている様子を楽しんでみては。

宮の森コースは、いこいの広場奥から箱館戦争で戦死した旧幕府軍兵士の霊を慰める「碧血碑(へっけつひ)」があるまでの約1.2キロ。一部は木製の通路ができており、雪もほとんどなく、歩きやすい状態。鳥の鳴き声も響き渡り、自然を満喫できる。

現在はユキノシタ科のヤマネコノメソウ(山猫の目草)が姿を見せている。周辺では雪解けが進むと、フクジュソウも咲き始める。


ふむふむ。春の函館山が、散策にピッタリの季節を迎えているようです。


 

RENA VS 渡辺久江 〜シュートボクシング「ガールズS杯」〜

JUGEMテーマ:スポーツ
 

「資源回収お知らせ」 「混ぜればゴミ 分ければ資源」のチラシが入っていました。ですので、古新聞の整理をしなければ。

とは思いましたが、そういえば、ここのところ斜め読みばかりで、ゆっくり新聞を読むこともなかったなぁ。とも思い、結局、古新聞に改めて目を通しております。

で、8月20日の北海道新聞・夕刊からの抜粋です。


「新旧女王が火花  東京で29日 シュートボクシング『ガールズS杯』」

女子立ち技最強は誰だ? 先日、ワールド・シュートボクシング協会は、「Girls S−cup2010」(29日・東京)の開催を発表した。優勝候補筆頭は昨年の同大会覇者で、V2を狙うRENA(レーナ)(19)=及川道場=だ。

最近は女子の試合も頻繁に組まれるようになった。その中から飛び出してきたのがRENAだ。アイドル顔負けのルックスと、要所要所で投げを使ってポイントを奪うなどシュートボクシングの特性を十分に生かしたファイトで一躍人気だ。

第1回大会が盛況だったため、今大会はさらにスケールアップ。

ムエタイの女子世界王者サーサ(タイ)やヨーロッパのキックボクシング王者サマンタ(オランダ)など、世界4カ国から強豪選手を招聘する。

最後まで予断を許さぬトーナメントになりそうだ。


2010082810090001.jpg

V2狙う 19歳・RENA


2010082810090002.jpg

ベテラン 29歳・渡辺久江


私の場合の格闘技観戦は、もっぱらプロレスですが、近頃ではほとんで観ていません。記事を読みながら、「機会があれば、また、会場に足を運ぼうか」などと思った次第です。






「馬鹿もん」の“ゆるキャラ”決定!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

ちょっと旧聞となってしまいましたが、3月31日の北海道新聞・夕刊の記事からです。


2010041109510000.jpg 


「函館・小坂さんの作品に  帯広の新名物料理『馬鹿もん』キャラ」

【帯広】北海道の新たな名物料理にと、4月1日に帯広市で販売が始まる十勝産馬肉とエゾシカ肉を組み合わせた「馬鹿もん」のPR用キャラクターに、函館市の観光施設職員小坂美香さん(22)が考案したデザインが選ばれた。

「馬鹿もん」の普及宣伝などを支援する帯広青年会議所の有志が「ゆるキャラ」を公募、全国から187点が寄せられた。

小坂さんは、馬とシカの特徴を合わせた架空の動物を考案。愛くるしい大きな目が特徴だ。

認定店に掲げる共通ステッカー、イベントで使う着ぐるみ、Tシャツなどに活用するという。

エープリルフール(4月馬鹿)にちなんで1日午前11時半から、認定1号店のイタリア料理店「センナリ」(帯広市西1南9)で、ミートソースなど3品がランチメニューとして提供される。


かつては保護動物だったはずのエゾシカ。

現在では、天敵もなく、増えすぎてしまい、猟の解禁時期や範囲を広げてもなお、ハンターの高齢化もあって、農作物への被害が広がり、道東や道北では、車や列車との衝突事故が後を絶たないと聞きます。

もちろん、増え続けるエゾシカに罪はないのですが、「可愛い」だけでは済まされない現実もあるようです。


「げんき」が女の子で「歩(あゆみ)」が男の子!?

JUGEMテーマ:ニュース

さて、3月19日の北海道新聞・朝刊の「第4社会」面からの記事の紹介です。

2010032008460000.jpg 

「ライオン、エゾシカ性別取り違え  愛称は変えず」

札幌市円山動物園は18日、ライオンの「げんき」(2歳)とエゾシカの「歩(あゆみ)」(1歳)の性別を取り違えていたと発表した。

雄としていたげんきは雌、歩は雌ではなく雄だった。

同園によると、げんきは2007年11月に双子で生まれ、当初はげんきを雄、もう一方を雌と判断。ところが、2歳になってもたてがみが生える兆しがないため、体毛などのDNA検査を実施したところ雄と判明した。

歩は08年8月の誕生時に雌と判定していたが、最近になって雌にはない角が生え始めたため、体の特徴を詳しく確認し、雄だと分かった。

2頭の愛称は公募で決めており、同園は愛称は変更しない方針。

同園では、出生時に雄と判定し、他の動物園に「婿入り」させていたホッキョクグマ2頭が雌だったことが08年に判明している。


そういえば、釧路動物園の「ツヨシ」が雌だったというニュースを聞いたり、ツヨシがどこだかの動物園に「お嫁入り」なんていう記事を読んだことがありました。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 『芦別文芸 癸械掘戞憤科魅撻鵐ラブ)。
    ebigoo (02/22)
  • いまの網走。
    ドクター (08/17)
  • いまの網走。
    あにた (08/13)
  • 『いとみち』(越谷オサム/新潮社)に惹かれ、青森へ。<読書メーター>
    藍色 (07/30)
  • 芦別・商工まつり。
    ユキ (08/25)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    mitamon (07/26)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    nemuro (07/23)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    mitamon (07/22)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    コウキ (06/11)
  • 『Coffee Blues(コーヒーブルース)』(小路幸也)。
    ノト (04/15)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM