weeklyプレイボーイ。

JUGEMテーマ:読書

週刊誌を買うことも読むことも、ほとんど無縁の私ですが、ごく稀に気まぐれで買うこともあります。

で、11月17日の土曜日、「セイコーマート芦別北店」でパンやバナナと一緒に購入したのが、本誌。せっかくですので、当ブログにて、さりげなく紹介です。

2012112222040001.jpg

  悖eeklyプレイボーイ no.48』(第47巻第44号 2012年11月26日号/集英社)

ここ数年、各誌の廃止が相次ぐ中で、「そうかぁ。週刊プレイボーイって、まだあったんだなぁ」との印象です。結局のところ、「30歳!オトナのビキニ 深田恭子」に惹かれての購入ということでしょうか。

何年の創刊だったのかは記載されていませんが、「第47巻」とありますので、もしかして、創刊から47年目?まあ、さすがに、そんなには経っていない気もしますけれど。

 

久々の「週刊プロレス」と、たまの「NHKステラ」。

JUGEMテーマ:読書

P1010044.jpg

さて、1月10日の土曜日、P書店(正確には、「ポスフール根室店書籍コーナー」ですが)での購入本6冊の記録です。

「購入本」と言いながら、今回の6冊は、すべて雑誌で、数が多いので、前・後半に分けてみます。

で、まず前半の4冊。

  悖稗痢POCKET 12 2008』(講談社)
◆ 悒魯筌ワ ミステリマガジン 2 2009』(早川書房)
 『ダ・ヴィンチ 2 2009』(メディアファクトリー)
ぁ 愼経エンタテインメント! 2009.2』(日経BP社)


,蓮講談社の「月刊・文庫情報誌」。その名の通り、大きさは文庫本と同じで、そのままポケットに収まります。

背表紙を見ると「特集 佐伯泰英/本多孝好/初登場!桜庭一樹」とあって、桜庭一樹は以前から好きな作家で、佐伯泰英は、そろそろ読み始めようと買い揃えつつある作家なので、購入してみました。

◆銑い蓮∨莊遒猟蟯購読誌です。

△痢崙箪検廚蓮◆屮妊縫后Ε襯悒ぅ鵝廚如◆嶇誕蟶遏惘震燭瞭』で『このミステリが読みたい!2009年版』海外部門1位に輝いたデニス・ルヘインの魅力を追究する」とのこと。

ですが、ここのところ、専ら日本のミステリばかりを読んでいることもあってか、残念ながら私はデニス・ルヘインを知りませんが、まあ、そんなこともあります。

パラパラとめくってみて、「ハヤカワ文庫 最新刊」欄で紹介されてる『ソウルタウン』(メルセデス・ランバート/駒月雅子・訳)に何となく興味が湧きました。「女性弁護士ホイットニー・シリーズ三部作、第二弾!」で「貧乏弁護士と子持ち売春婦の名コンビが、今度はコリアンタウンの難事件に挑戦する!」とあって、なんとも面白そうです。

“好評発売中”の『ドッグタウン』と、“以下続刊”の『ゴーストタウン』の2冊ともども、もしも書店で見かけたら購入すると思います。 

の表紙は、成海璃子ですが、なんだかとても渋い感じの写真です。

特集1は、「『走れメロス』も『銀河鉄道の夜』も 世界はBL(ボーイズラブ)に満ちている」で、特集2が、「『獣の奏者』アニメ化! さらにその先の上橋菜穂子」。そして、特集3は、「深く熱く、最高にスリリングな言葉を聴け 赤塚不二夫と7人の天才」とのこと。

い良住罎蓮◆屐嶇▲疋蘊鈩△虜も看板モデル 2ジャンルでトップを目指す」との見出しでインタビューが掲載されている香里奈。

で、パラパラめくって気になったのが、「本・今月の話題人」欄に掲載されていて、『東大合格生のノートはかならず美しい』の著者であるらしい太田あや。

本そのものは、タイトルを見ただけで「必ずしもそんなことはないだろう」と思って、手に取ってみたこともありませんが、「ベネッセコーポレーションに入社して『進研ゼミ』の会報誌編集に携わったのち、2006年フリーに。本作が初の単行本となる」の経歴に、「まず立ち読みでも」の気持ちが芽生えました。

P1010045.jpg

では、後半の2冊です。

ァ 惱鬼プロレス 1.21 2009』(ベースボール・マガジン社)
Α 悖裡硲 ウイークリー ステラ 1/16号』(NHKサービスセンター)

イ蓮△つて毎週、定期購読していた雑誌です。最近、女子プロレスラー・井上貴子選手のブログに読者登録していて、「近頃のプロレス界はどうなっているのか」と思い買ってみました。

Δ蓮朝ドラの『だんだん』と土曜時代劇『浪花の華』がいいなぁ。と思っていて、たまの購入です。

ふ〜ぅ。

レラカムイ北海道&北海道日本ハム、そしてコンサドーレ札幌。

JUGEMテーマ:読書

2008110822050000.jpg

さて、9月28日、「リラィアブルブックス根室店」での購入本4冊の記録です。

  悖釘瓧鵤遙咤蕋筍紂。咤釘弌2008/018』(有限会社バルク・カンパニー)
◆ 悒譽薀ムイ北海道 オフィシャルガイドブック2008−2009』(北海道新聞社)
 『ファイターズマガジン 2008 8月号』(株式会社北海道日本ハムファイターズ)
ぁ 愀邊コンサドーレ 2008 10 vol.92』(北海道新聞社)

,蓮⊇蕕瓩討旅愼、というか、今回初めて見ました。「北海道の自然が育むカントリーが主役の、地域発信の全国誌」とのことで、特集は「釧路の坂道」。

「函館、小樽は坂の街でも知られているが、広々としたイメージの道東−釧路の街にも意外や意外、由緒正しき坂道があった」らしく、「実は、平坦なイメージのここ根室の街も、意外に坂の街だなぁ」などと思いつつ、購入してみました。

バックナンバーを見ると、創刊は2000年の4月で、ほぼ1年に2冊ずつのペースで発刊されて本誌が18号目。で、発行所の所在地を見ると北海道川上郡弟子屈町奥春別原野とあります。

◆銑い蓮△い困譴眛仔發離廛躓綯弔痢塙報誌”で“応援誌”です。まず、△目に付き、「そうかぁ。まもなくレラカムイの2シーズン目が始まるんだなぁ」と思い、そのまま、道産子の一人として応援の意味で、残る2球団のものも買ってみました。

その後、北海道日本ハムはクライマックスシリーズの第2ステージに敗れ、コンサドーレ札幌は連敗が続く中でJ2への降格が決定し、レラカムイ北海道は負け星が先行と、各チームとも厳しい現実に直面していますけれど、今後の北海道のスポーツ界の牽引と、活性化に向けて、期待を込めつつ、しっかりと我らが道民球団を応援していこうと思います。

そのためにも、もっとチームや選手のことを知り、特にバスケットボールについてはルールも勉強しながら、できることならば、それぞれの試合会場にも足を運びたいと思っている次第です。



calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 『芦別文芸 癸械掘戞憤科魅撻鵐ラブ)。
    ebigoo (02/22)
  • いまの網走。
    ドクター (08/17)
  • いまの網走。
    あにた (08/13)
  • 『いとみち』(越谷オサム/新潮社)に惹かれ、青森へ。<読書メーター>
    藍色 (07/30)
  • 芦別・商工まつり。
    ユキ (08/25)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    mitamon (07/26)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    nemuro (07/23)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    mitamon (07/22)
  • 『時をかける少女 新装版』(筒井康隆)&『ラ・パティスリー』(上田早夕里)。
    コウキ (06/11)
  • 『Coffee Blues(コーヒーブルース)』(小路幸也)。
    ノト (04/15)
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM